北九州|世界初!植物の声が聴こえる森イベントの期間や開催曜日、料金など

北九州|世界初!植物の声が聴こえる森イベントの期間や開催曜日、料金など地域情報

世界で初めて!夜の森を散策しながら、植物の“こだま”に出会う貴重な体験をしてみませんか?

ご存知ですか?植物たちにも知性というものが存在します。

目や耳や鼻があるわけではなく、もちろん口もありません。しかし、「見る」「聞く」「におう」「記憶する」など人間と同じように様々なことができるのです。

そしてもちろん「感情」もあります。少しファンタジーなお話のようにも聞こえますね。

その植物たちの知性“こだま”に触れる体験ができるのが、北九州の「植物の声が聴こえる森イベント」なのです。

今回は

・「植物の声が聴こえる森イベント」のイベント内容は?
・「植物の声が聴こえる森イベント」の開催場所
・「植物の声が聴こえる森イベント」の開催期間と開催曜日
・「植物の声が聴こえる森イベント」の入場料金と購入方法
・「植物の声が聴こえる森イベント」の施設内ゾーンの案内
・「植物の声が聴こえる森イベント」のアクセスや駐車場

をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

「植物の声が聴こえる森イベント」のイベント内容は?

ルートに沿って歩いて夜の森を散策します。途中で坂道や階段を登ったり下りたり橋を渡ったり。そうして森を歩いているうちにたくさんの“こだま”に出会えるのです。

さぁ、足元に気をつけて夜の森へと進んでみましょう。夜の森を歩く、というだけでもワクワクしてきますね!

陽の光を浴びた植物たちは、夜にはどんな顔を見せてくれるでしょうか?

 

太陽が沈み暗くなった夜の森では、植物たちの知性が“こだま”となって現れ、私たちに様々なメッセージを伝えてくれるようです。

古くから樹木や植物に宿るとされていた精霊“こだま”

ここ「植物の声が聴こえる森」では、<ケヤキ>や<フィリフェラオーレア>などの植物からの信号をデジタル技術によって変換された“、こだま”の声を聴くことができるようになりました。

受付で聴診器を貸してくれるので、耳を澄まして植物の声をじっくり聴いてみてください。植物の鼓動に合わせて動く光の輝きを目で見て感じ感じることができます!

植物の種類によって音やタイミングなど、様々な声を聴かせてくれることでしょう。

“こだま”たちが楽しそうに歌ったり踊ったり・・・そんな想像を膨らませながら見聞きするのも楽しいですよ。

夜の森を散策しながら目や耳はもちろん、五感すべてで“こだま”の息吹を感じてみてくださいね^^

「植物の声が聴こえる森」は全部で5つのゾーンに分かれています。森の奥に進めば進むほどたくさんの出会いと驚きがあるはずです。

スポンサーリンク

「植物の声が聴こえる森イベント」の開催場所

北九州市響灘緑地(ひびきなだりょくち) GREEN PARK

〒808-0121 福岡県北九州市若松区竹並1006
TEL・093-741-5545(9:00-17:00)
FAX・093-741-5499
スポンサーリンク

「植物の声が聴こえる森イベント」の開催期間と開催曜日

2021年10月29日(金)から2022年3月21日(日)まで

金・土・日・祝日 のみの開催  (但し休園日は除く)
※年内は2021年12月26日(日)まで
※年始は2022年1月7日(金)より開催

受付・17:00~20:30
開場・18:00

アグリズカフェ営業時間・17:00~21:00(L.O20:30)
(☆公園開園時間・9:00~21:00)

※雨天(小雨含む)の場合中止になります。また、天候・自然災害、安全上の理由により
中止する場合もあります。ホームページでも随時お知らせしているので、当日の状況など確認してみてください。

スポンサーリンク

「植物の声が聴こえる森イベント」の入場料金と購入方法

北九州|世界初!植物の声が聴こえる森イベントの期間や開催曜日、料金など

3歳以上・1名500円
※未就学児は保護者(高校生以上)の同伴が必要です。
(グリーンパークへの夜間入場(17時以降)は無料です)

チケット販売・当日のみ(利用も当日のみ)
※紛失、破損等の再発行ならびに変更、キャンセル等はできませんのでお気を付けください。

1グループにつき1つ、聴診器(無料)が貸し出されます。利用後は返却ボックスに入れてください。

※植物信号をデジタル技術で交換した音や光で演出するイベントは世界初の試みです。

スポンサーリンク

「植物の声が聴こえる森イベント」の施設内ゾーンの案内

全部で5つのゾーンに分かれています。所要時間は約30分です。

ZONE 01・こだまの森への道 LISTEN TO THE TREE<童話の森>

物語はここから始まります。

まずは“こだま”たちの声を聴いてみましょう。ここでは<ケヤキ>や<フィリフェラオーレア>がみなさんをお出迎えしてくれます。聴診器を使って植物にそっと当ててみてください。

<ケヤキ>は昔から強い日差しや雨などから人間を守ってきてくれました。人間との関わりの深い彼らの声はどんな声なのでしょうか?

<フィリフェラオーレア>は太陽の光を浴びるのが大好きです。日当たりによって違った色を見せてくれます。彼らの声も興味が湧いてきます。

彼らはみなさんとの出会いを歓迎してくれているはずです。声を聴くのが楽しみですね。

話しかけてみると何か違った反応をみせてくれたら驚きですね。

ZONE 02・こだまの森への入り口 DIVE INTO<冒険の森>

“こだま”たちのすみかへ入ってみましょう。夜道なので足元に気を付けながら進んでください。耳を澄ませば、彼らの息吹を感じる事ができるはずです。

じっくりと耳を傾けてみてください。たくさんの声を届けてくれるかもしれません。

ZONE 03・こだまの遊び場 BREATH OF FOREST<そよかぜ橋>

“こだま”のすみかであるヒノキ林を橋の真ん中から覗くことができます。ヒノキの鼓動に合わせて、“こだま”たちが自由に駆け巡っているが見えるのです。

日中の太陽の光をたくさん浴びた植物たちのエネルギーが“こだま”となって、夜には光り輝く姿を見せてくれます。

とても幻想的な雰囲気を味わえます。

ZONE 04・こだまの世界の内側へ SEE THE VIBES<ヒノキ林>

“こだま”たちが自由気ままに駆け巡り光の演出をしてくれています。

橋の上から見るよりも、より近くで“こだま”たちの語らいを感じる事ができます。

1本1本天に向かって真っすぐに伸びているヒノキたちは、1本ずつでありながらも森の調和を保っています。

そんなヒノキの鼓動に合わせ、“こだま”たちが各々光で息吹を伝えてくれます。

ZONE 05・人間の世界へ  EROM EARTH<スズムシ谷>

ここで最後となってしまいました。

“こだま”を通じて植物のメッセージを受け取ることができたと思います。普段は何気なく目にしている植物たちにも“こだま”は存在しているはず…。

またいつか“こだま”たちに出会える日が訪れるかもしれませんね。今回の出会いであなたの植物への見方が良いものに変わったことを祈って。

※注意事項

コースには、登り坂、下り坂、急な階段、滑りやすい場所などがあります。
歩きやすい服装と靴での来園をおススメします。
車椅子の方は行けるエリアが少し限られると思います。エスカレーターなどもありませんので…ベビーカー等も場所によっては少し大変だと思いますがご理解の下、来園してください。
暗い場所なので、小さなお子さんとはぐれない様に気をつけてくださいね。
転びやすい所や坂もあるので目を離すと危ないかもしれません。
迷子になっても大変です。大人でも夜の森は一人ぼっちになったら怖いですよね。
安全に楽しく過ごしていただくために、上記の注意事項を記憶の片隅に置いていただくことをお勧めします。

スポンサーリンク

「植物の声が聴こえる森イベント」のアクセスや駐車場

交通アクセス

【車】
・黒崎インター引野口から
黒崎インター引野口⇒県道11号線(約5.5㎞)⇒国道199号線(約5.0㎞)⇒グリーンパーク

・若戸トンネル、若戸大橋から
若戸トンネル、若戸大橋⇒国道495号線(約12.0㎞)⇒グリーンパーク

・小倉駅から
小倉駅⇒若戸トンネル(約10.1㎞)⇒国道495号線(約12.0㎞)⇒グリーンパーク

☆駐車場案内

北・南の常駐駐車場と臨時駐車場があります。

中・大型車(観光バス等)の場合は北駐車場をご利用ください。

・普通車 → 300円
・中・大型車 → 1000円(北ゲートのみ)

常設・927台(北:492台、南:435台)
臨時・2278台

※南の駐車場は、第一駐車場と第二駐車場があります。第一駐車場が混雑の場合は第二駐車場の方へお回りください。

【電車】

・小倉駅、黒崎駅から
小倉駅、黒崎駅⇒折尾駅(鹿児島本線)⇒二島駅(筑豊本線)⇒二島駅からタクシー(約20分)

・博多駅から
博多駅⇒折尾駅(鹿児島本線)⇒二島駅(筑豊本線)⇒二島駅からタクシー(約20分)

【バス】

平日・土曜日は、最寄りのバス停 ●響灘緑地入口 ●坊ヶ渕 (各下車、徒歩10分)
電車で行かれる場合、JR筑豊本線 二島駅からバスをご利用ください。

バスのお問合せ 北九州市交通局 093-771-2765

スポンサーリンク

最後に

植物の声、聴いてみたくなりましたよね?世界初の試みなので、今現在体験できるのは唯一このグリーンパークだけです。

ぜひこの機会に足を運んでみてください。新たな出会いが待っているはず^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました